今住んでいる家を売ったお金で次の家を購入したい

今住んでいる売却してそのお金で次の家を
購入できるかですが、その際に大切なことは
今までのマイホームのローンが終わっているかです。真髄

もし、ローンが終わっていれば、今住んでいる
マイホームに抵当権はついていないので、
そのまま自由に売却して、新しいハウスの
購入資金にすることは可能です。
何も問題ありません。

しかし、問題はローンが残っている場合です。
その場合は、今までのマイホームはまだ
抵当権がついているために、それを外さないと
売却できません。

具体的には、ローン残高よりも、売価が
高く売れ、そのお金で一括返済できるなら
その家を売却することができます。

さらに、売却益が出たらそれを新しいハウスの
購入資金にあてることができます。

しかし、ローン残高よりも、売価が
低い場合は、売ることができません。上手く作る

抵当権がはずせないからです。
もしそれでも新しいハウスを買いたい場合は、
新しいハウスのローンに、今までの
マイホームのローン残高と売価の差額を加えた
ローンを組むことによって、以前のローンの
抵当権を外し、今までのマイホームを売って
次のハウスを購入する方法があります。

ただし、その場合は、それなりの別の担保が
必要になるので、なかなか難しいと思います。

しかし、何か別に資産があり、それを担保にして
ローンを組む事ができるなら、ローンが残っていても
今まで住んでいる家を売り、それを購入資金にして
新しいの家を買うこともできます。

後は具体的に、買主と次の家の購入物件を
同時に見つけ出せばよいだけです。