家を売るときの不動産業者の重要性

標準

家を売るときに不動産屋に支払う仲介手数料は
「取引価格×3%+6万円+消費税」で計算されます。

高額な取引のため金額も大きくなり、3000万円で
売れた場合には、100万円を超える仲介手数料が発生します。

これは大変もったいないと考えます。

実際に不動産屋を通さずに家を売ることができますが、
手続きから、広告の準備、物件の調査等自分でやらなければ
いけない問題が出てきます。気をつける

法律的にも問題はないですが、個人で行うには
とても負担が大きいといえます。

税金の知識や登記の知識も必要とされますし、
契約書の作成、そのほか所有権移転等の書類の作成や
事務手続きも行わなければいけません。

不動産屋の重要性はとても高いです。家を売りたいのに売れない場合の解決方法

なぜなら、このほかにもトラブル等に
対応してくれるからです。
不動産屋を通さないとこによって、銀行からの
住宅ローンの融資が受けられなかったり、
書類の不備に気づかず費用がかさんでしまったりと
デメリットが多いです。

専門の知識を持っておられる方であれば良いですが、
一般のかたでは時間もかかり、家を売る時期もタイミングが合わず、
値段が下がってしまうこともあります。

売却後に物件の不具合の責任の有無も問題になることも
ありますので、リスクを考えるとやはり専門家に頼むのが1番です。

上記の手間と費用、リスクを考えると、仲介手数料は
高くないと感じてきませんか?

家を売るときに発生する広告費、書類等の事務手続き、
手間もトラブルも全部引き受けてもらえるのです。