家を売却するときに残りそうな住宅ローンの解決法

ページ

もし、住宅ローンが残っている状態で
支払いができなくなった場合は
どうしたらいいでしょうか。

基本的に家を売却する場面というのは、
住宅ローンが返済できている状態です。

あるいは売却したお金で住宅ローンを
返済できると予想できるならば、
売却をすることが可能になります。良い眺め

ところが、売却をする場面でも、
家のローンの方が売却価格よりも
大きい場合は売ることができません。

例えば家のローンが後2000万円
残っているのに、その住宅の価値が
1500万円だとすれば、自分で
現金500万円を作り出して
債権者に返済をするしか
方法はありません。

ですが住宅ローンを返済できない
状態の人が、そのようなお金を
作れるわけがないのです。

このように考えると、そのまま
自己破産をして競売に出すしか
なくなります。一番良い時

この解決法は競売しかないのでしょうか。

実はそのようなことはありません。
住宅ローンの方が売却価格よりも
大きい場合でも家を売ることは
可能になります。

これは任意売却をする場合です。

任意売却とは、住宅ローンを払えずに
競売の開始前に住宅を自分の意志で
売ることです。

これは、保証会社が住宅を代わりに
購入してくれますので、あとは保証会社が
ローンの残高を支払ってくれます。

これにより抵当権が消滅し、住宅を
売ることができるわけです。

ただし、保証会社は債務者に対して
お金を請求してきますので、当然毎月の
返済をしなければなりません。

結果的には住宅を売ることができるのです。